MENU

段取りを把握しよう

葬式

相談できる場所をさがそう

親族が亡くなり葬儀の用意をしなければならない時、あらかじめ葬儀の段取りを把握しておくと突然の事態に迅速に対応することができます。しかし、葬儀のすべてを自分で準備するには、身体的にも精神的にも大変なことです。こんな時には墨田区にある葬儀社へ相談しておきましょう。生前に葬儀を依頼しておくと、困った時のサポートをしてくれます。病院などで臨終を迎え死亡の連絡をすると、墨田区にある葬儀社から迎えがやってきます。自宅の仏間や和室に安置して、枕飾りの用意をしてもらいます。ここで葬儀の打ち合わせを行い、僧侶の手配や通夜、告別式の日程を決めます。また、納棺の儀式は身内が揃ってから通夜の少し前に行い、通夜に向けて用意をします。通夜は遺族や近親者が故人に別れを告げる儀式です。僧侶の読経が30分ほどあり、儀式自体は2時間ほどで終わります。その間参列してくれた人たちをもてなすために友人や親戚に手伝いを依頼しておくと人出不足が解消できます。喪主になる人は参列客への挨拶で手が離せなくなるため、家族が一丸となって対応しましょう。墨田区の葬儀社でも不足した人出をサポートしながら、潤滑に儀式が進むよう配慮してくれます。告別式は故人と親しい間柄の人達が別れを告げる儀式で、人の出入りが多くなります。弔電や香典などの管理をしっかり行い、返礼品の用意も行いましょう。出棺では喪主が位牌を持ち、遺族や友人で棺を運び出します。墨田区の葬儀社では提携している火葬施設へ搬送してくれて、埋葬証明書と共に遺骨を持ち帰るまで見守ってくれるので安心して故人を送り出すことができます。